さくらインターネットのVPSサーバーをOS丸ごとVMWAREにリストアしてみた

いくつかさくらインターネットのVPSを利用して運用しております。

中にはもう不要だよっていうものも世代交代で出てきているのですがやっぱり消したくないな、でもVPSでいつまでも料金発生していても勿体ないしってなことでしばらく放置していたマシンを契約が切れる前にVMwareに移行させてみたいと思います。

今回は「Mondo Rescue」というツールを使ってみたいと思います。

 

ツール紹介

http://www.mondorescue.org/

http://www.mondorescue.org/ftp/

バックアップするOSによって追加のリポジトリが異なるので注意。

 

Centos6にインストールの場合

リポジトリ情報をダウンロード→インストール

■Centos6の場合

 

■Centos7の場合

 

 

バックアップの準備

1.バックアップ先のフォルダを作る

 

バックアップをする

シングルモードでバックアップ。

 

オプション(一部)

オプション 説明
-i ISOファイルをバックアップメディアとして使用
-O ISOファイルを出力
-p 出力するISOファイル名を指定
-d 除外するディレクトリを指定。

自動で(/mnt/floppy, /mnt/cdrom, /proc, /sys, /run, /tmp)は除外

-s 出力するISOファイルサイズを指定(例:4480m)

 

エラー

Centos7で実行したときに発生したエラー

どうもmidiのスペースが小さいとかで

 

 

バックアップしたファイルを取得

SCPなどでファイルをダウンロードします。

 

仮想マシン上で復元

バックアップしたISOファイルをマウントしていざ起動!!

バックアップしたファイルの1番目のファイルから起動します。

 

boot:と出たらエンターキーを押します。

Automaticallyだとエラーになるので「Interactively」を選択。

backup

 

CD-Rを選択

backup2

 

バックアップ元で下記を確認しておく。

リストア先のドライブレターと容量を合わせる。容量がかなりいい加減なので自分で設定する。(ドライブレターだけ直すでもOK)

例:/dev/vda3 →/dev/sda3

 

警告が表示されるけどYESで。

backup3

「Do you want me torestore all of your data?]は「YES」を押す。

 

ROMを交換しながら、リストアを実行していく。

 

「Initialize the boot loader ?」っとメッセージが表示されたら「Yes」を押す。

backup21

 

アラートが表示された場合は「Yes」を押す。

backup22

コマンド入力が可能になったら下記のように行う。

 

「Did you change the mountlist or cloned the system ?」とメッセージが表示され「Yes」を押す。

backup23

 

「/dev/vda」→「/dev/sda」に変更。その後も同じようにレターを変更。

※NANOエディタが起動するので「CTRL」+「コマンドキー」を押して処理をする。

 

コマンドプロンプトに戻ったら再起動をする。

ログインプロンプトが表示されるまで待ちます。

backup24

 

ネットワークアダプタの変更をする

 

ファイアウォールがある場合は停止やルール変更をする

 

これで利用可能になるはず。イメージでVPSからリストアできるって便利だな。

やっぱり、有料のバックアップソフトのほうが簡単でリストアも便利😄

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ