人工知能「TensorFlow」をはじめてみる

人工知能に興味がわいてきたのでオープンソースの「TensorFlow」を始めてみようと思います。

さっぱりと何も知らないので「TensorFlow」って何なのか。。。

「TensorFlow」は日本では「テンソルフロー」と呼ぶらしく、 簡単にいうとGoogleの「ディープラーニング」とのこと。まあ、人工知能の学習ベースを用意してくれたと思えばよいのかな。

 

早速インストール

えーと、OSはLinuxを用意します。バーチャルマシンなど使って用意です。

まずは、Centos7 を何となくGUI機能を含めてインストールしてみます。

Pythonが入っているのか確認。後々にバージョンによって異なる個所あり。

 

インストール作業

 

あれ、「 python-pip」「python-dev」が利用できないと。うーん・・・。

「epel」で試してみる

 

うむ「python-dev」が利用できないと・・。

 

さあ、どうする。↓次の選択肢から選ぶ!

1.「Centos」はあきらめる。

2.「python-dev」を何としても探す。

 

「2.「python-dev」を何としても探す。」→「python-devel.x86_64 0:2.7.5-48.el7」として進んだ

「python-dev」→「python-devel.x86_64 0:2.7.5-48.el7」でいけそう。

※「https://www.tensorflow.org/versions/r0.12/get_started/os_setup」を参照

 

↓で動作テスト

 

なんとか「TensorFlow」は動いたっぽいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ