MXレコード侮るなかれ!!(ネームサーバー変更の際には注意!)

何度何度もネームサーバー、DNSレコード、メールサーバーを変えてきました。まあ、定番のシステム系作業ですので・・・。

それでもやっぱり、侮ってはなりません。

最近のDNSは、CASHの時間が短く、非常に高速に反映してくれます。

DNSサーバーの設定によって異なるのですがざっくりな個人的な感覚ですと

1.ネームサーバー変更

2.MXレコード変更

3.その他のレコード変更

の順番で時間がかかります(1が遅い。3が早い)

 

 

今回は、「MXレコード」

Aレコード的にささっと変わるイメージがありますが、いやー変わらないですね・・・。

いくつか試した中でスト最低5時間~10時間程度はかかります。それでも隅々までいくのまもっとかかるでしょう。

 

試したことは「間違えてMXレコード先を設定したDNSのMXレーコードを正しいサーバーに設定した場合どのぐらいでメールが届くのか」

 

ってことを行いました。どのようなサーバーかというとWordPressが利用できて、メールが使えてメジャーなレンタルサーバーです。

 

(1)おら、MXレコードを正しくしたぜ!

(2)よし!そっこーメールしてみるぜ!

(3)下記のリターンメール!!あれ、前のMTAに接続している・・・

(4)数時間後・・・おら、メール送信だーーー(しばらく繰り返す)

(5)もう・・・早くして・・・メール送信だ!!やっと送れた・・・。

 

ってな感じでした。

 

ということで「メールサーバーの切り替えは、ダウンタイムを必ずとりましょう!!」

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ