TeraTeamのSSH転送機能を利用してみる

TeraTeamでSSH転送機能がありましたので利用してみることにしました。

 

ざっくりなやれることのイメージ

ざっくりやれることのイメージとしては、ファイアウォールのポート解放をしないで、SSHで接続した先のサーバーのDBなどに接続することが可能になる。

 

手順

1.SSHでサーバーに接続したのち、「TeraTEAM」の「設定」>「SSH転送」をクリックする。

ssh

 

2.「追加」ボタンを押して、接続先のポート番号を入力する。

↓はPostgresを接続する場合

ssh2

接続先は自分自身だとするとローカルホスト(127.0.0.1)を指定してあげればOK。

あとは、PGADMINなど接続したいソフトで接続するだけとなります。

 

ポート開放しなくて済むので便利なわざの一つです。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ