Webに高機能な書式付入力を可能にする TinyMCEエディタを設置してみる

WordPressの時はTinyMCEのプラグインを入れれば何も気にすることがなくざくざく便利なエディタができると思うのですが、HTMLでカスタマイズして構築しているものはそうもいかないので導入の仕方から設定などメモ的なものを残していきます。

 

なぜ、TinyMCEかというと他のツールもありますがTinyMCEの方が便利なので・・。

 

■設置の仕方 (https://www.tinymce.com

(1)コードを張り付けるだけ

 

textareaの対してエディタが適用される。

mce1

 

(2)ダウンロードファイルを読み込ませる

※図は同じになるので省略

 

name=xxxxに対しての場合

 

 

 

■日本語化にする

やっぱり英語は苦手です。日本語にします。

(1)下記のURLから日本語をダウンロードする

https://www.tinymce.com/download/language-packages/

 

(2)TinyMCEのlangsのフォルダの中にダウンロード後に展開したja.jsファイルを入れる

 

(3)読み込みの設定を修正する

↓のように日本語になる

mce2

■ツールバーのボタンを変更する

ボタンの表示非表示の設定は下記のURLを参考にボタンを調べてください。

https://www.tinymce.com/docs/advanced/editor-control-identifiers/#toolbarcontrols

 

・テーブルを入れてみた

 

あ、テーブルだけになってしまった。上記を見ての通り、プラグインを追記しないと動かないものやメニューやツールバーが変わってしまうので使うものを選択していきましょう。

mce3

 

さてどこまでやるかな・・・・。

 

 

↓こんな感じにしてみた

mce4

あ、テキストカラーが無かった。pluginsに「textcolor」、toolbarに「forecolor backcolor」追加した。

 

 

■画像の問題

やっぱり、イメージをWordPressみたいにアップしてやりたいな。。。

っていうことで、有料のプラグインを試してみるか・・・。

↓このあたりとか

https://codecanyon.net/item/tinymce-4-image-manager/4744204

 

うーん、フレームワーク使っているしそのままだとNGだな・・・改造改造・・・。

あれ、あれこれ改良しまくったら原型があまりにもなくなってしまった・・・。

■画像のURLの問題

いざ、画像を挿入!ってやったら相対パスになっていた。

この問題は

「relative_urls : false,」を追加することにより絶対パスで記述

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ