Windowsでダミーファイルを作成する方法

ファイルのデータ転送テストなどでダミーファイルが必要になる場合があります。そんな時に便利なのがコマンドで簡単にダミーファイルを作成する方法です。

ファイルのサイズはバイトで指定するのでGBにしたいのであれば「1024×1024×1024×目的の容量の数字(例:10GBなら10)=作成するファイルサイズ」になります。

※コマンドプロントで実行するときには管理者権限が必要になりますのでコマンドプロンプトを管理者権限で起動してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ