ZOOMのウェビナーの設定を改めて考えてみる

ZOOMをウェブサイトに埋め込むようになり、ウェビナーの動作をもう一度改めてみました。

 

■質疑応答機能を利用しない

初期状態ですと、ウェビナーに関するQ&Aが有効になっており、その状態でスケジュール化したウェビナーはQ&Aが有効な状態です。

質疑応答=Q&Aと理解して設定してください。

 

↓質疑応答を有効かした状態でスケジュールしたウェビナーは後で設定を変えても質疑応答が有効な状態。(質疑応答のタブが表示されたまま。逆は客のまま)

 

質疑応答の無効化の設定方法

1.「個人」>「設定」を表示させる。具体的は下記のURLをクリック。

https://zoom.us/profile/setting

 

2.「ウェビナーに関するQ&A」をオフにする

 

3.ウェビナーを作成する

 

これで質疑応答が無効かされたウェビナーが作成できます。

 

ZOOMアプリでもウェブでも同じ動作になります。

 

 

■チャット機能を利用しない

この機能は一律のようです。それなので、Q&Aのようにウェビナーの作り直しは不要です。

チャット機能の無効化の設定方法

1.「個人」>「設定」を表示させる。具体的は下記のURLをクリック。

https://zoom.us/profile/setting

 

2.「チャット」を無効にします。関連の設定も無効化されます。

↓チャット項目が消えました。

 

 

■手を挙げる機能を禁止したい

すみません。設定どうしたらよいのかわかりません。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ