さて、WordPressのwoocommerceにトライしてみることした。

せっかくなのでWordPressのECカートの「woocommerce」にチャレンジしてみる。っていうことにした。

まずは、のーがきから入ると、2011年にリリースされたそうな。
テンプレートテーマもそれなりにあり、プラグインも無料、有料含めてそれなりになるとな…(ウィキペディアより)

「woocommerce(ウーコーマース)」略して、「う○こちゃん」。。。すみませんでした<m(__)m>

 

それでは、プラグインのインストールから準備を始めたいと思いおます。

 

1.WooCommerceのインストール

 

・プラグインから新規追加で「WooCommerce」と検索して、「今すぐインストール」をクリックする。

 

・「有効化」

 

・初期の設定を行っていけるので指示に従います。「はい、お願いします。」をクリックする

 

・・・・チーン。500番エラーだとよ。幸先の悪いスタートとなりました…

 

ログをみると、imagickがunableだと。

 

あれ、有効なんだけどな

 

あー、WordPressのバージョンが5.2以上だったよ。手抜きしてたからバージョンが古かったよ。

PHPのバージョン7.0→7.2にしてみた。ちと、デフォルトバージョンがWordPressもPHPも古かったよ

 

 

気を取り直して続きのセットアップを…

 

・店舗の地域情報を入力

 

・販売するジャンルを選択

 

・で、次に販売する商品の種類

 

・販売する商品の数や場所など。

 

・次にテーマを決めるんだと。

 

でおちまい。あ、いきおいでjet packを入れてしまった…

 

ストアの設定

 

まずは、税金の設定をしておきます。

「税を設定する」→次へ進めていく。

 

自動って便利~~って思ってたら、、やっぱり、何も入っていない

 

っていうことで手動で税(10%)を設定

CSVにすると↓の感じ。

 

 

つぎに送料を設定しておきます。

「設定」>「送料」から設定ね。

 

通貨オプションを設定します。最初はドルになっているので円に変更

 

 

この後は手動で1つ商品を追加してみます。

 

で、販売サイト上を見ると,..

 

 

こんな感じでできあがりました。

 

 

決済を設定する

 

stripe押しのようですのでstripeを作ってみます。(まずはテスト用で)

 

・アカウントの登録

https://dashboard.stripe.com/register

 

「開発者」>「APIキー」をクリックします。

公開可能キーとシークレットキーをメモします。

 

 

「設定」>「決済」>Stripe(クレジットカード)の右側のボタン(セットアップもしくは管理)をクリックします。

 

Webhookは、Stripe側でキャンセル、返金などを行った情報が、WooCommerceに反映されるとのことなので登録します。

 

 

 

 

・連携した後、テスト注文してみたところ簡単に連携できました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ