ざっくりとCENTOS8、PHP7.4でLaravel 7を始めてみます。

PHP frameworkの「Laravel 」をざっくりと初めて見たいと思います。

 

ざっくりなのでまずはインストールをします。

 

OSの準備Centos8をインストールしてSELINUXを無効化しておきます。

SELINUXは無効で。再起動後の処理っす。

 

あやまって、「SELINUXTYPE=disabled」って記述してしまうのは私ぐらいだろうか…きっとこの時、あーめんどーって感じで記述してしまうんだろうなきっと・・・。

 

 

Laravelのインストール手順

PHP7.4をインストールする。手順としては↓の感じphp -vで7.4になっていることを確認。

 

Composer のインストール

 

 

次に「laravel」をインストールする

 

これでlaravelの利用準備が整いました。

 

projectの作成

プロジェクトを準備します。プロジェクトごと1アプリです。

※どこに設置するのか考えて行います。

 

「storage」と「cache」にWEBサーバーからの書き込みができる費用がある

 

公開フォルダは「public」になるように設定します。

 

その後、ブラウザでアクセスすると下記のように表示されます。

 

そーいえば、初期ページ以外でコントローラ―を追加してnot fundとなった場合は

WEB側の設定(httpd.conf等)で「AllowOverride All」とすれば可能だと思う。

 

■メモ

ルート情報:routesの中に格納

view系:「resources」>「views」の中

コントローラ―:コマンドで作成する。「app」>「http」>「Controllers」のフォルダの中。

※php artisan makecontroller コントローラー名

 

コントローラ―を追加した場合は「ルート情報にコントローラ―情報を追加」する

 

■コマンド

・ルーティング定義の一覧を表示します。

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ