オンラインショップってどういうものがあるのか再度まとめてみる

オンラインショッピング、ショッピングサイト、ECサイトってやっぱり、一定に割合でお仕事のお話があります。この機に再度、ショッピングサイトについてまとめてみたいと思います。

 

まずは、呼び名を考えてみる

ショッピングサイト

ECサイト

Eコマース

EC

ネットショップ

オンラインショップ

等と呼ばれています。

 

キーワードのトレンドを見ると「オンラインショップ」が多いみたいなのでオンラインショップでとりあえず進めます。

 

 

 

オンラインショップを開設するにあたりどんなものがあるのか?

まずは、1店舗なのか多店舗型なのか

 

1店舗型オンラインショップ

一般的に言うショップかと思います。比較的簡単なツールから独自色を出したい場合等多種多様にあります。お手軽なものからスタートっていうのもありかな。

技術力があれば、EC-CUBEやwooCommerce、Welcart等のオープンソースのツールを利用するのも一つの手です。

オンラインショップのツールではカスタマイズできないところも手が届きます。

 

 

多店舗型オンラインショップ(モール型ECサイト)

結構、仕様が分かれてきますのでどうしたいのかが大事です。また、運営したいというのであれば、初期投資も1000万円以上を。

 

・マーケットプレイス型

マーケットプレイス型は、商品データのみ掲載するタイプのモール型タイプ。商品データ等は、モール側で管理することになる。決済等もモール側で管理するタイプ。

店舗ページのカスタマイズなどはできない感じ。

 

オンラインショップイメージとしては Amazon。

 

・テナント型

普段接することがあるショッピングモールのイメージ。店舗毎の特徴を出すことが可能。

商品の登録から、受注管理、売上集計もすべての業務を独自に行う必要がある。

 

オンラインショップイメージとしては、楽天市場やYahoo!ショッピング

 

 

ショッピングサイトも開設すれば、売り上げが上がるというものでもないのでどうのように集客するのかが大事ですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ