今更だけどWordPressでホームページ制作するときに忘れがちなことをまとめてみた。

get_posts()だと総ページ数が取得できない

それなのでページネーションを使う場合は「new WP_Query()」を利用する

 

固定ページでページネーションしたい

page.phpなどページテンプレートでページネーションを作ることが可能

 

自作したページネーションでarchiveをページ移動したら、404ページが表示される(記事表示件数を変更している場合)

 

function.phpで記事表示件数を変更している場合は、「pre_get_posts」でhookをかけて記事一覧の件数を変更します。

 

必ず日付を表示したい場合はthe_time()を使う

the_dateでは、「同じ日に複数の記事がある場合は、最初の記事とともに一度だけ出力される。」というこ動作仕様なので、毎回日付を表示したい場合は「the_time( ‘Y-m-d’ ); 」を利用する

 

投稿記事0件では、get_post_type()でPOST TYPEを取得することができない

そんな場合は「get_query_var( ‘post_type’ );」でPOST TYPEを取得する

 

taxonomy.phpで現在のタクソノミー名を取得したい

「get_query_var」を使って取得する。あとは「get_taxonomy( $taxonomy )」でタクソノミーの詳細情報を取得

 

taxonomy.phpで現在のターム名を取得したい

「get_query_var」もしくは「single_term_title()」(名前で取得。taxonomy.php)を使って取得する

 

WordPressのクエリで全件取り出したい時は「posts_per_page」を「-1」とする

※用途的には、テーマ設定等で固定ページの全件の一覧を表示して設定を作る場合に利用

 

ホームページ作成に関するちょこっとまとめのページ更新は、随時ついか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ