ABコマンド(Apache Bench)を試してみる

WEBサーバーの性能測定を行いたいと思い、ひさびさにABコマンドを使ってみることにしました。

久しぶりに使うとなんだったか忘れてしまいますね。

 

基本的には下記の記述になります。

例えば、100ユーザがhttp://exampleに10リクエストを発行した場合を想定。

 

・結果

 

で、何がいいんだか悪いんだか分らん…いろいろと見比べながら…

 

Time taken for tests

試験にかかった時間。数値が低いのが良い

 

 

Failed requests

処理に失敗したリクエストの数。数値がひくのが良い。基本0で考えるのかな

 

 

Requests per second

1秒で処理できるリクエスト数。数値が高い方が良い

 

Time per request

1リクエストにつき処理に要した時間。数値が低い方が良い

 

Transfer rate

1秒間で受け取ったデータの大きさ。数値が高い方が良い

 

Connection Times (ms)

数値が低いほうが良い

 

Percentage of the requests served within a certain time (ms)

リクエストを完了するにかかっている時間なので数値が低いほうが良い。

 

ってな感じです。わかったようなわからないような…

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ