ContactForm7とkintoneを連携していみる

ワードプレスの問い合わせフォームとしてコンタクトフォーム7が定番ですが、これをkintoneと連携してみたいと思います。

 

■初期準備手順

・contactform7プラグインをインストールする

・「Form data to kintone」プラグインをインストールする

 

・kintoneにユーザー登録をする

https://kintone.cybozu.co.jp/」無償お試しがあるのでそれで行ってみます。

 

すでに登録があったらしくサイボウズストアからパスワードリセットをして、お試しでkintoを選んでみました。

 

 

 

■kintoneで問い合わせフォームのアプリを作る

・「設定」>「アプリ管理」>「アプリを作成する」をクリックする

・「はじめから作成」をクリックする

 

・ペタペタとパーツを入れてフォームを作る

 

・「フィールド名」と「フィールドコード」を設定する

 

・「設定」タブ>「APIトークン」をクリックする

APIトークンを生成する。レコード閲覧とレコード追加のアクセス権を付与した

 

・URLのところに「app=XX」と数字があるのでこの数字がAPP IDになるので記録しておく。

 

■WordPressのコンタクトフォームでkintoneの設定をする

・コンタクトフォームのkintoneのタブを開く

・下記の設定を行い、「GET」ボタンを押す。

kintoneのドメイン:取得した時のドメイン名

kintone へ登録エラーを送信するメールアドレス:エラーを送信するアドレス

APP ID:URLで「app=XX」となっていた数字

API TOKEN:作成したAPIトークン

 

 

 

・コンタクトフォームのフィールドとkintoneのアプリのフィールドを一致させ、保存する

 

あとはフォームを設定してテスト。

成功すればkintoneのアプリにデータが格納される。

 

■その他

・添付ファイルについて

「Form data to kintone」プラグインでは、Add onとなっているが今とのころ未定っぽい。

以前はフォームクリエイターというのが別サービスであっただのが今は終わってしまい「フォーム」ブリッジというのを利用するとkintoneのフォームを一般公開できるみたい。

 

あとは、自作するしかないっぽいな…

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ