Excel VBAでアルファベット、数字のフリガナの関数を作る

Excel VBAでアルファベット、数字のフリガナの関数を作りました。用途的には、パスワード一覧を印刷すると英数字のままだと読みずらいので、フリガナとして使う用途をイメージしています。

また、変更することもあると思うので大文字、小文字の英字は別々にしました。

 

アルファベット、数字のフリガナの関数を作る手順

1.Excelを起動します。

2.「Alt」+「F11」キーを押して、VBAを開きます。

3.「VBA Project」を右クリックして、「挿入」>「標準モジュール」をクリックします。

 

 

4.追加した「標準モジュール」の「Module1」を開きます。

5.そこに下記のコードを貼り付けます。

 

※大文字や中黒でつないでいる部分等好きに変更してください。

 

6.Excelのシートに移動して、一般的な関数を利用するのと同じように使います。(関数名:alphanumeric)

例:A列にアルファベット、数字を入れて、B列にフリガナを入れる場合

 

7.下記のようにフリガナが入ります。

 

こんな感じで出来上がりです。Excel VBAちょっと便利かなっと思ったところです。あ、保存するときはマクロ付きで保存してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ