iOS11へのバージョンアップに向けて→iTunesを利用してバージョンアップ

iOS11 が9/19(日本時間20日)にリリースされるようです。リリース直後にアップデートして文鎮化という話はよく聞きますのでまずは、事前準備をしておきましょう。

 

・現在のiPad、iPhoneのデータをパソコンへバックアップ。(クラウドでもよいがパソコンへ取るのが便利なので)

*久々にパソコン版のiTunesを利用する場合、バージョンアップからスタートするのでバージョンアップもしましょう。

・現時点でのiOSの最新版にする(一気に上げると不具合がでそうなので)

・Apple IDのパスワードを思い出す。意外と忘れているので。

・今、ハマっているアプリがiOS11に対応するのかどうか・・・まあ、気にしない方も多いかもしれないですね。

 

例のごとく、初期版は不安定なこともおおいので、安全にバージョンアップしたい人はiOS11リリース後、最低でも2カ月ぐらいは待たれたほうが良いかと思います。

 

iTunesを利用してiOS11へバージョンアップします。

こっからはリリースされたのでiOS11へのバージョンアップ作業方法を残しておきます。

・iPhone(iPad)をパソコンと接続し、iTunesを起動します。

・下記のメッセージが表示されるので、「ダウンロードして更新」ボタンをクリックします。

ios11_1

 

・「次へ」ボタンをクリックします。

ios11_2

 

・規約は「同意する」ボタンをクリックします。

・ダウンロードが開始されます。何も表示されないのでiTunesのiPhoneマークをクリックすると下記のように実行状況がわかります。

ios11_3

しばらくかかるのでそのまま放置となります。

 

・メッセージが表示され、バックアップを暗号化するかしないかと聞かれるので今回は「暗号化しない」にします。

ios11_4

 

・パスコードを聞かれるので入力します。

ios11_5

 

・iPhone(iPad)側が黒い画面になって進行中が表示されます。しばらく待ちます。

・そのうち、iPhone側でパスコードの入力画面が表示されます。

・iPhone側にアップデートが完了しましたが表示され、Apple ID情報を入力して進みます。

・そのほか、画面に表示されたメッセージに従います。その後、完了します。

 

変わったっと感じる機能

下からスワイプでメニューを表示したとき。AirDropの受信先設定は、左上の電波類のところを3Dタッチで表示されるのでぐいっと押します。

ios11_6

 

そうすると下記のようにメニューが表示されます。

ios11_8

 

 

緊急SOS機能

ヘルスケアに登録してある連絡先に通知が届くとのこと(設定アプリより設定)

ios11_7

 

あといろいろと変わっているのでのちのちと。

 

iOS11で画面共有ができるようになったということで試してみます。こっちの記事を参照

 

 

下記の表示が出た場合はアプリがiOS11では使えない。アップデート待ち。

ios11_16

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ