PostGISのGEOMのレコードを任意で囲んだPolygonデータに変更する方法をまとめてみた

もう、だいぶ前になりますが

 

・PostGISのGEOMからKMLのPolygonデータを取得する

https://it-trouble.help/postgis%e3%81%aegeom%e3%81%8b%e3%82%89kml%e3%81%aepolygon%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%92%e5%8f%96%e5%be%97%e3%81%99%e3%82%8b/

 

・PostGISで国勢調査データをインポートを手軽に始めてみる

https://it-trouble.help/postgis%e3%81%a7%e5%9b%bd%e5%8b%a2%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%92%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%92%e6%89%8b%e8%bb%bd%e3%81%ab%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%81%a6/

 

で利用していたGEOMのデータが古くなって、現在のデータと変わってしまったので自分で囲った範囲のPolygonを利用したくなった。

 

どうすればよいのかなって思ってたんだけどなんとかできたのでまとめてみました。

 

手順

※QGISはバージョン3を利用

1.QGISでGoogle MAP等の地図を表示する

・Google MAP表示方法

「XYZ Title」>右クリック>「新しい接続」をクリックする

名前:Google MAP

URL:https://mt1.google.com/vt/lyrs=r&x={x}&y={y}&z={z}

 

 

そうするとGoogleMAPが表示される。最初は青い画面になるのでマウスでスクロールしてズームアウトしてみるとよい

 

 

 

 

2.レイヤー追加して、ポリゴンを作成する

「レイヤ」>「レイヤの作成」>「新規シェープファイルレイヤ」をクリックする

 

 

・下記の内容でOKをクリックする

ファイル名:任意の名前

ファイルエンコーディング:UTF-8

ジオメトリタイプ:ポリゴン

 

 

・編集モードを切り替えて、「ポリゴン地物を追加」アイコンをクリックする

 

・任意の範囲を囲む

 

3.GEOMのデータを出力する

・「レイヤ」>「名前を付けて保存」をクリックする

形式:PostgresSQL SQL dump

ファイル名:任意の名前

CRS:GEOMで利用しているコードと合わせること

ジオメトリタイプ:Polygon

GEOM_TYPE:geography

 

 

・保存したSQL DUMPから中身を取得する

 

上記の赤枠をGEOMのところに上書きすればOK

 

 

ってな感じでGISのPolygonデータを書き換えてみた。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ