Publish kintone dataプラグインでWordPressにデータを送ってみるのまき

kintoneを前回、WordPressからkintoneにデータを送るのを試してみました。今度はkintoneからWordPress側にデータを反映してみたいと思います。

 

利用するプラグインは「Publish kintone data」です。(https://ja.wordpress.org/plugins/import-kintone/

使い方は「https://ht79.info/2017/08/19/how-to-publish-kintone-data/」を参照していただければ、簡単に連携できます。

 

気になった点をまとめてみた。

・ACF(Advanced Custom Fields)との連携。

⇒そのままカスタムフィールドに値を設定すればいい感じ。repeatはちょっとね…

 

・kintoneから新規に追加された記事が下書きとなる。

⇒プラグインを見てみたところ、「import_kintone_insert_post_status」でフィルターを掛ければ、指定できそうだということでざっくりと。

こんな感じで「公開」になる。

 

・kintoneから更新された場合にステータスを変えられるのか

⇒だめそうっすな。そのままだと。更新時は、ステータスは変更しないみたい。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ