Windows10で性能測定をする方法

Windows10には標準で性能測定のためのコマンドが用意されています。

ということで、久々に性能をチェックしてみました。

 

パソコンの性能を測定する方法

(1)コマンドプロンプトを「管理者権限」で起動する

(2)下記のコマンドを実行する

性能測定1

 

(3)実行結果を待つ。

性能測定2

 

えーとよくわからないですよね・・・っていうことで数年前に購入したCorei3と今年購入したCorei5をざっくりと比較したいと思います。(ざっくりなので)

項目 数年前に購入したCorei3マシン(HDD3年程度使用) 2017年に購入したCorei5マシン(SSD)
CPU LZW 圧縮 354.15 MB/s 641.66 MB/s
CPU AES256 暗号化 216.20 MB/s 2946.79 MB/s
CPU Vista 圧縮 845.13 MB/s 1592.38 MB/s
CPU SHA1 ハッシュ 880.87 MB/s 2188.36 MB/s
ユニプロセッサ CPU LZW 圧縮 132.41 MB/s 164.41 MB/s
ユニプロセッサ CPU AES256 暗号化 98.52 MB/s 778.20 MB/s
ユニプロセッサ CPU Vista 圧縮 327.52 MB/s 414.46 MB/s
ユニプロセッサ CPU SHA1 ハッシュ 444.95 MB/s 578.36 MB/s
メモリのパフォーマンス 15655.00 MB/s 29783.72 MB/s
ビデオ メモリのスループット 4698.61 MB/s 10980.50 MB/s
Disk  Sequential 64.0 Read 160.99 MB/s 501.99 MB/s
Disk  Random 16.0 Read 1.04 MB/s 414.29 MB/s

 

全然違いますな・・・。数年前ってそーいやもう5年ぐらい経過しているかな。

※モデル的にはビジネスモデルですのでビデオカードとかマザーボードについているタイプのみです。

HDDをクローンしてCorei5に移行かな。SSDは容量が不足なのでHDDで我慢です。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ