WordPressのアップロードの機能でプライベートなものが利用できるのか調べてみる

WordPressのアップロードしたファイルは通常メディアに格納され

 

Download Managerの場合

WordPress Download Manager

ファイル格納先のフォルダはhtaccessで閲覧できないようになっている。「wp-content/uploads/download-manager-files」

 

wp file download

https://www.joomunited.com/ja/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E8%A3%BD%E5%93%81/wp-file-download

 

こちらもアクセス禁止となっている。「wp-content/uploads/wpfd」

 

・良いところ

フロントからファイルアップロードができる

IMGやPDFは、権限が許可されていれば、File direct linkにかかれているURLで「IMG SRC=」や「[pdf-embedder url=””]」で開くことが可能

ファイルは全体で管理者が管理するタイプ

直リンクでファイルが見れない

 

・気になる点

ディレクトリの階層ができない??

権限設定はグループのみ

もう少し細かく設定したい

 

 

Frontend File Manager Plugin

 

Frontend File Manager Plugin

えーと、有料版も入れてみました。

 

・よいところ

個人のフォルダができ、そこにファイルをアップロードできる。

フロントからも投稿。むしろフロントがメイン?

 

・わるいところ

直リンクでファイルにアクセスできる!??(ノД`)・゜・。

⇒むしろ直リンクで画像表示を管理画面でも利用しているようんだ…htaccessでアクセスできないようにしてみたらだめだった…あー、失敗,,,,

 

WordPress File Upload

WordPress File Upload

これは指定しないとuploadsフォルダ配下にファイルを見たいだ。FTPにもつながるようだ

 

 

Frontend Uploader

Frontend Uploader

このプラグインは、フロントからメディアへアップロードするプラグイン

 

 

Memphis Documents Library

Memphis Documents Library

member投稿が可能且つプライベートと共有ができるみたい

 

管理者が行うのであれば「wp file download」が良いかな

個人がファイルをアップロードして…ってなるとどれもこれも微妙…

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ