PCのスペックを選ぶときに気を付けていること(ビジネス版)

PCでゲームは行いませんのでもっぱらPHPで開発したり、ワード、エクセルで文章を作ったりとしております。

ノートパソコンは、あまり選択肢がありませんので今回は除外をしておきますがデスクトップPCでは、ちょっとしたこだわりを持っています。

↓↓↓こんな感じのデスクトップPCのコンセプトを描いています

大きいファイルを複数同時に、重たい処理を自動的にやっても停止しないパソコン!

具体的には、仮想マシンを2台~3台同時稼働しながら、開発ツールを動かして、ブラウザのタブを20個ぐらい開いて、エクセル、PDFを閲覧して、Dropboxが勝手に動いてて・・・

っていう感じで利用しています。そーなりますよね??

 

 

ということで下記のような感じでパソコンを準備しています。

1.HDDは高速であること

HDDはPCのスペック上最も大事な部分の一つとして考えています。

WDのBlackぐらいのスペックがほしいところです。 SSDを採用している方はSSDであれば特に気になることはないと思います。容量がほしいのでHDDにしています。ドライブもわけると面倒なので1ドライブで2TBまでとしています。3TB以上だと面倒なので。

 

 

 

2.メモリは最大値まで!

そう、メモリは32GBでも64GBでも予算が許す限り、搭載可能なだけ搭載します。意外と16GBしか搭載できないパソコンも多いのでマザーボードを選ぶときは慎重になります。

 

3.CPUは、CoreiXXであれば十分。

やっている内容からすると絶対Corei7の最高CPUがないとNG!ということがありません。

実は、Corei3でも十分やっていけてたりします。

 

 

パソコンが遅いと思ったらまずは、HDDを取り換えてメモリを増設しましょう!!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ