Windows7やWindows Server 2008でイメージバックアップが失敗する件

Windows7やWindows Server 2008ではI/OエラーによりWindows標準のイメージバックアップが失敗する要素があります。

それは、3TBなど大容量のHDDにバックアップを取得しようとするとI/Oエラーとなり失敗します。
I/Oエラーってなんだよーって思っていましたがどうやらWindowsバックアップ自体が2TBまで対応していないソフトとのことです。

詳しくはSEAGATEのホームページに記載がありましたので下記のリンク先を参照してください。

http://knowledge.seagate.com/articles/ja/FAQ/005486ja?language=ja

WindowsServerバックアップでボリューム シャドウ コピー サービスの操作が、次のエラー コード ‘2155348129’ により失敗した場合の対処

Windowsサーバーのバックアップを取得しようとしたら
「バックアップ対象のボリュームのシャドウ コピーを作成するボリューム シャドウ コピー サービスの操作が、次のエラー コード ‘2155348129’ により失敗したため」と言われてバックアップが取得できない事象が発生したときの対処したメモを残しておきます。

エラーの確認

まずは状況把握からで下記のコマンドをコマンドプロンプトから実行します。

vssadmin list writers

エラーが無ければ、「エラーなし」と表示され、エラーがある場合は「再試行できないエラー」となります。
vss

エラーのライター名が「SqlServerWriter」の場合

誰かさんがSQL ServerのWriterサービスを掴んで離さない状態が発生していると思われます。

それなので、SQL ServerのVSS Writerサービスを停止させることによりバックアップが取得できるようになります。

サービス名:「SQL Server VSS Writer」

何がVSS Witerを掴んでいるかはインストールしているソフトの環境によっても異なりますので何でSQL SERVERを使用しているか確認する必要があります。

Windowsでダミーファイルを作成する方法

ファイルのデータ転送テストなどでダミーファイルが必要になる場合があります。そんな時に便利なのがコマンドで簡単にダミーファイルを作成する方法です。

ファイルのサイズはバイトで指定するのでGBにしたいのであれば「1024×1024×1024×目的の容量の数字(例:10GBなら10)=作成するファイルサイズ」になります。

fsutil file createnew DummyFile.txt 10737418240

※コマンドプロントで実行するときには管理者権限が必要になりますのでコマンドプロンプトを管理者権限で起動してください。

【こっそり調べる】CentOS6のネット経由でのインストール方法

CentOSのネットワーク経由でのインストールがわからない、いや忘れてしまったというケースがあるのでざっくりとおさらい。

 

手順

1.CentOSのサイトに行って「GET CENTOS NOW」をクリックする。

2.最新版が欲しい場合は「DVD ISO」などのボタンをクリック。旧バージョンは「More download choices」をクリックする。

※今回はCentOS6系だったのでそれの64bitモデルをクリック。

3.どこかのFTPサイトに入って、「CentOS-x.x-xxxxx-netinstall.iso」をダウンロードする

4.インストールマシンで先ほどダウンロードしたISOで起動する。(物理マシンの場合はDVDに焼いてください)

5.インストールを進めていき、「Installation Method」で「URL」を選択。

6.「URL Setup」画面で「サイト名/Linux/centos/X.X/os/x86_64/」を入れる。

「X.X」はバージョン

例:CentOS6.7 64bitでriken.jpサイトを利用する場合

http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6.7/os/x86_64

 

7.ダウンロードが開始されればURLはあっているのであとは通常のCentOSのインストールになります。

 

聞くほどのことじゃないけどっていっぱいありますよね?メモ的に残しておきます。

 

 

ハードディスクの問題が検出されました

Windowsのエラーメッセージで「ハードディスクの問題が検出されました」というメッセージが表示れた場合の対処方法をご紹介します。

 

↓メッセージはこのようなもの(Windows7)

ハードディスクの問題が検出されました

 

こうなったときは、正直なところ、HDDを今すぐバックアップを取得して新しいHDDに交換してくださいということになります。

HDDは何かしらのエラーを抱えているのでHDDのクローン作成は失敗する可能性が大です。

それなのでドライブ毎に「バックアップを取得する」「重要なデータはさらに別のHDDへコピーを作成する」を実施します。

その後、新しいHDDへリストアで復元するかOS再インストールにてPC環境を元通り戻していきます。

 

このようなエラーが発生する前にHDDを取り替えたいところですね。

HDDは3年程度経過(稼働時間)したら交換するのがオススメです。

 

3TBのHDDを接続したが746GBしか認識されない

今までPCに接続してたHDDを大きいのに変えよう!って息こんで3TBのHDDがやすかったので買ってみた!なんてことはありませんか?

それで繋いでみたら700GB程度しか認識されないっていうことが・・。

その時に昔に使っていた内蔵HDDを外付けUSBとして接続できるようなキットで接続していたとしたら・・・
それは3TBに対応しているのかまずは疑ってみましょう!

意外と今と昔で、HDDの容量が違うので認識いや対応されていない製品がありますよ。

ペイントソフトで簡単で適当な画像をモザイクっぽくぼかす方法

画像を貼り付けるときにここは見せたくないという箇所が発生する場合があるかと思います。それにWindowsに標準的に付いているソフト以外使いたくない(ソフトを探すのも面倒)というときに簡単な技があるのでご紹介いたします。

システム用のマニュアルを作っている時は、見せたくない文字のところに傍線をひっぱたり、スプレーで消してみたりしたのですがそれよりも簡単だと思います。

まずは適当な写真を用意します。

画像

 

 

それでペイントを起動して画像を貼り付けます。

その後、ぼかしたい箇所を囲みます。↓こんな感じ。

ぼかし1

 

適当なサイズに小さくします。画像比率を保って小さくすると文字が何となくわかってしまうので比率を無視して小さくするとよいです。

ぼかし2

 

それで小さくした画像の部分を元のサイズに戻します。そうすると適当にいい感じにボケてきます。

↓文字だとこんな感じ。

ぼかし3

 

画像の場合のぼかし具合はこんな感じになりました。ぼかしというよりはモザイクですね。

簡単で特殊な技術もいらないので便利な方法です。

ぼかし4

 

\Device\Harddisk1\DR2 でコントローラ エラーを検出しました

イベントログに「\Device\Harddisk1\DR2 でコントローラ エラーを検出しました」のエラーが書かれていて大変だー!っていう経験ありませんか?

HardDisk1って書かれているのですがこの「1」の数字がどのようなHDDなのかこれをまず確認する必要があります。

まず、コンピューターの管理を開いてください。

その中のディスク管理を選択すると現在接続されているディスクが表示されます。HarddiskとなっているのでこれにはHDDの他、USBメモリも含まれます。↓だとディスク1はUSBメモリになります。これがディスク0でエラーが発生している場合はHDDなので要チェックが必要です。

コンピュータの管理

 

このエラーを調べていくとマイクロソフト社のページに下記のような事象として掲載されていました。

現象
Windows 7 または Windows Server 2008 R2 にログオン後、USB フラッシュメモリや USB ディスクを挿入すると、システム イベントに以下のイベント ID: 11 が記録される場合があります。

ログの名前: システム
ソース: Disk
イベント ID: 11
ドライバーは \Device\Harddisk n \DR m でコントローラー エラーを検出しました。
注 : n、m には、使用中のデバイスに対応する数字 0、1、2.などが表示されます。

なお、イベント ID : 11 が記録された場合でも USB デバイスは正常に機能します。このイベントは無視しても問題はありません。
原因
USB デバイスを挿入時に、エクスプローラーからメディアのチェックを行うためデバイス IO コントロールの IRP (IO Request Packet) を発行しますが、処理の完了に 200 ミリ秒以上かかる場合、エクスプローラーはその IRP をキャンセルします。

しかし、USB 大容量記憶装置ドライバー (USBSTOR.SYS) はキャンセルされた IRP に SCSI ステータスコードを設定しないため、ストレージ クラス ドライバはエラーと判断し、この現象が発生します。

マイクロソフト社のページはこちら

これからすると特にこのエラーは無視して良いとのことでした。
HDD周りのエラーも具体的にどのようなものなのかをちゃんと調べていけばコンピュータが危険な状態なのか、無視して良い状態なのか見えてくると思います。

HDDの故障トラブルを事前に検知しよう!

パソコンは購入した直後と購入し使用してから3年程度使っていると故障する傾向があるように勝手ながら思っています。
まず、どのような故障が多いかというとHDDが断然多いです。

常に円盤が駆動しているためこのモーターや回転軸がぶれたりして故障やそもそもHDD自体の耐久度が低い場合があります。

HDDにかぎらずその時の情勢によって使われる部品によって耐久度は変わってきますので長く使いたい方はそれなりの価格とそれなりのパーツ選びが必要になります。

今回は、簡単にHDDの状態チェックをするフリーソフトがありましたのでご紹介いたします。

 

ソフト名:CrystalDiskInfo

URL:http://crystalmark.info/software/CrystalDiskInfo/

概要:HDDのS.M.A.R.T. 情報を取得し現在のHDD状態を取得してくれます。ここで何をチェックしているかというと、代替処理済みのセクタ数、回復不能セクタ数などしきい値に現在の値が近づいていないかをみています。

 

・正常のHDD

温度もそんなに高くありません。

正常のHDD

 

 

・注意のHDD

健康状態が注意になってきたのでHDDのバックアップを取得したり、代替のHDDを用意しましょう。

ギーッとかHDDの回転音が今までと変わったなって思ったら要注意です。HDDが故障する前にデータをバックアップしましょう!

!?クラウドストレージを使っているからいいよというかたは気にしないでください。

hdd注意

 

HDDの交換も昔よりは簡単になっていますので大体はバックアップソフトを使ってクローンを作ってHDDを取替するだけです。

 

HDDの種類も多種多様にありますので最近はWestern DigitalのHDDが好みなのでこの中からパフォーマンスタイプ、静音タイプなど好みに合わせてチョイスしています。

次回は下記のようHDDを使ってみようかと。価格も容量も今の時代にあっているかな。