Windows2022で新規にActiveDirectoryを構築する

Windows Server 2022で新規にActiveDirectoryサーバーを構築するところから始めたいと思います。

※事前にOSのインストールは完了済み状態からスタート

インストール手順

・サーバーマネージャーから「役割と機能の追加」を押す。

 

・開始する前には「次へ」を押す

 

・インストールの種類と選択は「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選択し「次へ」を押す

 

・対象サーバーの選択は自動選択されたままで「次へ」を押す。

 

・ActiveDirectoryドメインサービスにチェックを入れ、「次へ」を押す

 

・「機能の追加」を押す

 

・「次へ」を押す

 

・次へを押す

 

・「次へ」を押す。

 

・「必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する」にチェックを入れ、「インストール」を押す

 

・「閉じる」をクリックする

 

ActiveDirectoryの初期セットアップを行う

・サーバーマネージャーのビックリマークから、「このサーバーをドメインコントローラーに昇格する」をクリックする。

 

・「新しいフォレストを追加する」を選択し、ドメイン名を入れて、「次へ」をクリックする。

 

・パスワードを設定し、「次へ」を押す

 

・次へを押す

 

・次へを押す

 

・「次へ」を押す

 

・「次へ」を押す

 

・「インストール」を押す

 

・再起動したら、インストール完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Windows Server 2022のインストール

今回は、Windows Server 2022をインストールしたいと思います。

評価版のWindows Server 2022日本語版をダウンロード

・ダウンロードURL

https://www.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/download-windows-server-2022

 

ページの中に日本語があるので日本語版をダウンロードします。

 

仮想マシンにインストール

1.仮想マシンを準備します。今回は、VM Playserを利用します。

2.ROMをセットして、仮想マシンを起動します。

3.しばらくは流れに従ってインストールを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OSの種類は、「Windows Server 2022 Standard Evaluation(デスクトップ エクスペリエンス)」を選びます。デスクトップを選ばないのGUIがありません。

WindowsでGUIが無いのは何かなれないので…

 

インストールの種類は、カスタムで新規にインストールしていきます。

 

終わるまでしばらく待機です。

 

いつの間にかインストールが終わっていましたのでパスワードを設定します。

 

インストール完了です。仮想マシンなので仮想マシン用のツールはインストールが必要です。

 

 

Windowsエラーコード「0xc000021a」から復旧できるのか!?

ある日、何気なく使っていたパソコンが起動しないというお話をいただいたので調査していることにしました。

そうすると「0xc000021a」のエラーコードでWindows10が停止しておりました。

ちなみに下記のエラー画面です。

 

さらに追記すると、セーフモードも起動不可。更新プログラムのアンインストール不可。システムの復元不可…

 

 

やれることをやってみよう

■チェックディスクで修復してみる

Windows復元環境から「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「コマンドプロンプト」を押す。

下記のコマンドでWindowsの修復をしてみる

CHKDSK d: /R

 

■コマンドプロンプトで「sfc /scannow」を行ってみる

Windows復元環境から「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「コマンドプロンプト」を押す。

下記のコマンドでWindowsの修復をしてみる

sfc /scannow

 

別に、オレ、エラーないしっていう態度でした(TдT)

 

■そーいえば、ディスク容量を使い切っているっていう話だったので

コマンドプロンプトからいらないファイルを「del」コマンドで削除してみた。

ほぼ、0から、25GB程度、空き容量を作ったけど…

 

ちぃ、だめだったよ

 

■もーいいや、ユーザーデータを残して初期化だ!!

これもできませんでした。

 

■どうにもなりませんでしたので、別のPCに接続して、HDDの中身を取得!

とりあえず必要そうなものを…

 

■HDDのクローンを作ろうとしたら…ディスク読み出しできないってさ

一部のセクタが読み出せない!!

じゃあ、もう一度、chkdskで修復だ…あれ…

 

ディスク領域不足だってよ。気づかんかった

 

こまごまとディスクの中で大きいファイルを調べるのがめんどかったので下記のアプリを使ってみた。

DISKINFO

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/diskinfo/

 

調べたところ「Users\%ユーザ名%\Apple\MobileSync」のフォルダが大きいと。。。

iPhoneとかのバックアップらしいので削除!!

 

 

なんだかんだ試したけど!!!あきらめました

データは引っこ抜けたので、あとは再インストール!!以上!

 

 

 

システムイメージを復元できませんでした。システムディスクの回復に使用できるディスクが見つかりません。のときの対処

Windows10のバックアップ(丸ごと)を復元しようとしたときに

「システムイメージを復元できませんでした。システムディスクの回復に使用できるディスクが見つかりません。」ってエラーが表示されたときの対処した方法を簡単にまとめました。

 

エラー発生状況

・Windowsのイメージを別の端末に復元しようとしたとき。

・具体的なエラー内容は下記の画像の通り。

※見ずらいけどご勘弁を。

 

エラーを回避した方法

今回の原因は、バックしたパソコンのHDDの容量とリストア先のHDDの容量が異なるため発生した。

どのように異なるかというと「バックアップ元HDDの容量」>「リストア先HDDの容量」という形で復元する方のHDDの容量が小さかった。

まあ、同じ容量だったのですが、少し違いあったようです。

 

っていうことでここからがちょっと一工夫が必要な作業

 

1.仮想マシン上にHDDにバックアップしたパソコンのイメージを復元

2.仮想マシンにちょっと容量少なめのHDDを追加

3.クローンツールで仮想マシン上のHDDをちょっと容量の少なめHDDにクローンを作成

4.「3」のクローンしたHDDで仮想マシンを起動し、Windowsのバックアップでイメージを取得

5.「4」のバックアップデータを予定しているリストア先の端末で復元

 

今回は、クローンツールにAcronisを利用しました。

 

これでなんとか、復元できました。パチパチ~。

 

 

地味に便利なコマンドプロンプトから実行するコマンド

Windowsでコマンドプロンプトから何かを動作させることは最近は少ないかと思います。

ただ、やっぱり何かあったときはコマンドに限りますw

 

ということでコマンドをまとめてみました。

 

コマンドプロンプトを起動する cmd

なんだかんだ「cmd」はコマンドプロンプトを起動します。

 

プログラムと機能を開く appwiz.cpl

 

ユーザーを追加して管理者権限を付与する net user

以下の様のコマンドで追加する

net user 【追加ユーザー】 【パスワード】 /add
net localgroup administrators 【追加ユーザー】 /add

 

「net user 追加したユーザー」でアカウント情報は確認できる。

 

コントロールパネルを開く control

 

レジストリエディタ regedit

レジストリエディタです。

 

システム構成を開く msconfig

 

システムのプロパティを開く sysdm.cpl

システムのプロパティを開きます。

 

エクスプローラーを起動する explorer

ファイル操作するためのツール。

 

 

 

 

 

 

 

.NET Framework 4.5以降のバージョンを確認する方法

.NET Frameworkのバージョンを知りたい!って思ったのですが意外とどこにバージョンがあるのかわからなかったので調査した結果をまとめました。

 

■手法:レンジストりから調べる方法

1.「レジストリエディタ」(regedit)を起動します。

2.下記のツリーを展開します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\NET Framework Setup\NDP\v4\Full

3.「Release」名の値を整数でみます。

↓だと「461808」になります。

 

4.下記の表からバージョンを見つけます。

上記の数値からだと「.NET Framework 4.7.2」になります。

.NET Framework のバージョン Release DWORD の値
.NET Framework 4.5 すべての Windows オペレーティング システム:378389
.NET Framework 4.5.1 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2:378675
.NET Framework 4.5.2 すべての Windows オペレーティング システム:379893
.NET Framework 4.6 Windows 10:393295
他のすべての Windows オペレーティング システム:393297
.NET Framework 4.6.1 Windows 10 November Update システム:394254
他のすべての Windows オペレーティング システム (Windows 10 を含む):394271
.NET Framework 4.6.2 Windows 10 Anniversary Update および Windows Server 2016 の場合:394802
他のすべての Windows オペレーティング システム (他の Windows 10 オペレーティング システムを含む):394806
.NET Framework 4.7 Windows 10 Creators Update:460798
他のすべての Windows オペレーティング システム (他の Windows 10 オペレーティング システムを含む):460805
.NET Framework 4.7.1 Windows 10 Fall Creators Update および Windows Server バージョン 1709:461308
他のすべての Windows オペレーティング システム (他の Windows 10 オペレーティング システムを含む):461310
.NET Framework 4.7.2 Windows 10 April 2018 Update および Windows Server バージョン 1803:461808
Windows 10 April 2018 Update および Windows Server バージョン 1803 以外のすべての Windows オペレーティング システム:461814
.NET Framework 4.8 Windows 10 May 2019 Update: 528040
他のすべての Windows オペレーティング システム (他の Windows 10 オペレーティング システムを含む): 528049

 

わかりずらいですけど、いつか調べなくてはならないときがあるので記録として残しておきます。

Office365のサブスクリプションのライセンスの種類を変更したらライセンスを確認できませんといわれてしまう。

Office365のサブスクリプションのライセンスの種類を変更したらライセンスを確認できませんといわれてしまう現象が発生しました。

もともとOffice365ProPlusを使っていたのですが今回は、Office365businessに切り替えました。

 

どんな事象かというと

 

って表示され、上記はExcelですが利用することはできない状態です。

 

じゃあ、ライセンス認証は?

 

2つ認証がいます。

このProPlusの認識が消えないからじゃましているのかと。

 

いろいろと調べてみると、プランを切り替えるためには

1.Officeのアンインストール→プラン変更後のOfficeのインストール

2.Officeのライセンスを切り替える(マイクロソフトのサイト参照

 

私は、1と2の両方を試しましたがなにか呪われているのでしょうか、Officeが使えなくなりました。

こうなれば、Office365関連をもう一度、全て削除したいと思います。

 

アンインストール サポート ツールを使用して Office を完全にアンインストールします。

↓のURLのオプション2に記述あります。

https://support.office.com/ja-jp/article/pc-%E3%81%8B%E3%82%89-office-%E3%82%92%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%99%E3%82%8B-9dd49b83-264a-477a-8fcc-2fdf5dbf61d8

 

削除に2時間ぐらいかかった。

 

その後、Office365を再度インストールを実施した。

 

インストール完了後に起動すると

「申し訳ございません。プロダクト キーのインストール中に問題が発生しました。この問題が今後も発生する場合は、Office 製品を修復してください。(システムエラー:0x80070005)

 

となり、ライセンス認証が未認証状態だった。

 

この状態で「今すぐ修復」を押したら、また、別のエラーでOfficeが消えた状態になった。

 

調べたところ下記のページの記事に内容が「0x80070005」の事象解決方法なのだった。

https://support.office.com/ja-jp/article/office-%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9%E8%AA%8D%E8%A8%BC%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%86%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%AE-office-%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%890×80070005-7aa7600f-df57-4aef-81d2-25509c66f865?ui=ja-JP&rs=ja-JP&ad=JP

 

わかりずらいので簡潔に言うと

レジストリの「HKEY_USERS」>「S-1-5-20」の権限に「NETWORK SERVICE」に対してアクセス権限が必要。「0x80070005」のエラーが発生している場合は、その権限がないので付与すること。である。

 

実際の手順

(1)「ファイルを開く」ボックスに「regedit」と入力してレジストリエディタを起動します

(2)「HKEY_USERS」>「S-1-5-20」で右クリックして、「アクセスの許可」をクリックします。

 

(3)セキュリティに「NETWORK SERVICE」がなければ、フルコントロールで権限を追加します。

(4)OKを押して閉じて、再度Officeを起動します。

 

この方法でエラーが消えてライセンス認証ができた状態のOfficeにやっと戻りました。

 

長かった~。すべてはWindowsUpdateから始まった、ドツボる連鎖。。。

Windows10の付箋「Sticky Notes」のデータはどこにあるのか?

WindowsUpdateをするたんびにSticky Notesを起動しても何も表示されなくなります。

Update後は、何やらやっているので一通り終わったころに出てくるのかもしれませんが

以外と他には残していないけどちょっとした内容が大事だったりします。

 

いつもヤキモキして放置状態だったのですが改めて、データがどこにあるのか探しにいくことにします。

付箋データを探せ!手順

・エクスプローラーで「隠しファイル」を表示するようにします。

 

・次に保存先を探します。

C:\Users\ログインしているアカウント名\AppData\Local\Packages\Microsoft.MicrosoftStickyNotes_8wekyb3d8bbwe\LocalState

 

・「plum.sqlite」というファイルをバックアップします。戻すときもそのまま。

 

これでOK!。

 

!?あれ、sqliteで書かれているの??

 

やっぱり興味ありますよね~~。

 

ってことで、SQLITEを開くソフトを早速ダウンロード!

 

PupSQLiteを使ってみました。

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/pupsqlite/

 

 

念のため、「plum.sqlite」は別のところにコピーを作り、コピーを利用します。

PupSQLiteで「plum.sqlite」でファイルを開くと下記のように見えます。

DBテーブルは「Note」を参照。

 

まあ、必要な記号はついていて見ずらいけど、メモした内容が入ってました。

うむ。これで何かあったときもデータを取得できるぞ・・・。

あれ、付箋起動しないよ・・・。

 

Sticky Notesをリセットしてみる

アプリと機能から「Sticky Notes」を探します。「Sticky Notes」をクリックして、「詳細オプション」をクリックします。

 

「リセット」ボタンを押します。

 

→これでも起動しない・・・

 

Sticky Notesを再インストールしてみる

PowerShellを管理者として実行します。

 

下記のコマンドを実行します。

Get-appxpackage *Microsoft.MicrosoftStickyNotes* | remove-appxpackage

 

Microsoftストアを開いてMicrosoft Sticky Notesをインストールします。

 

あれ、Microsoftストアアプリが起動しない。。。

 

Microsoft Storeアプリを起動しない場合の対処方法

 

参考:https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4027338/microsoft-store-does-not-launch

・キャッシュのリセットをしてみる。

[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開き、「wsreset.exe」と入力して、[OK] を選択します。Microsoft Store が自動的に開きます

 

→参考先には10秒と書いてあるけど、数分以上まってみたところ、Microsoft Storeアプリが起動した。

 

これで「Sticky Notes」を検索してダウンロードします。

 

今度は、MicrosoftStoreで「0x80080005」のエラーが発生!!

 

エラーの連鎖がとまらない・・・

→いまだに戻らないのでそろそろあきらめモード。

Windows Updateがいつになっても好きになれない理由

長年Windows OSにお世話になっておりますが、いつになってもWindows Updateが嫌いです。

 

その理由は

・使っていた機能、ボタンなどがどっかにいなくなる

・アップデートに時間がかかる

・アップデートが動いているのか停止しているのかわからないことがある(進行度が同じ割合のまま、しばらく停止しているとき)

・アップデート後に、勝手に再起動する。やり途中が消える(Win10)

・アップデートすると何かの不具合が発生する

・アップデートにPCが占拠され、その挙句に失敗してものすごく時間を無駄にされる。成功してもいろいろと不具合や問題を誘発して対応に時間がかかる。

 

やらないといけない理由

・セキュリティがどーたらこーたら。

・新しい機能が使える

・Office系でよくわからない不具合が発生する

→最近これ。私だけかもしれないけど、Officeの印刷プレビューで1ページに収まるように設定したはずなのに、1セル毎にページが区切られた。

 

メインで利用しているPCは、半年~1年程度遅れでWindowsUpdateしてます。

 

いまのWindows Updateを実施中だが、42%→51%になったと思ったら45%になった。

これは、何か失敗している状態かな・・・。あーあ、半日以上潰れるかな。。。こまめにやるべきかもしれないけど、優先度が低いので後回しです。

 

結果→Windows Updateに3〜4時間程度。その後、Officeのライセンス認証ができないと言われ、再認証にできず、Officeを再インストール→1日程度、これに潰れた。

 

今回(2019年4月)のWindows Update後に使えない、不具合があり、問題となった機能をまとめてみた。

・WindowsUpdate中の再起動で止まる

・Officeのライセンス認証でエラーが発生し、期限切れと出てくるようになった

・サウンド(マイク)のアダプタが無効になっていてマイクが使えなかった

・プリンタが未接続となり使えなくなった。

・付箋アプリでメモが一切でなくなった。→壊れたのかな?データが必要なのでこちらの記事参照

→現在も元に戻らないのでSQLITEからデータ引っこ抜いて別のツールを利用

・ライセンス認証が終わって、利用していたアプリが未認証に変わった

・Teratermのウィンドウをつかんで移動できなくなった→新バージョンで回避されたかな?

・画像をダブルクリックして開く動作が忘れたころに開くようになった。

 

個人的なPCでの不具合かと思いますので全ての方に当てはまるものではありませんが、ちょっとひどいな。。

→今回は、Windowsの入れ直しかな。。。