kintoneをはじめてみました。

この度「kintone」(キントーン)を始めてみることにしました。

 

kintone(キントーン)とは

 

サイボウズのkintoneでは、顧客管理、案件管理、アンケート、〇〇業務…などなど多目的に利用できるツールです。

くわしくは↓

https://kintone.cybozu.co.jp/

 

簡単にフォームを作ることはできるのですが、IF文などはjavascriptにて作成するとのこと。

例:選択Aが選択されているときだけ有効になる入力ボックス等

 

下準備

とりあえず、デベロッパー登録

https://developer.cybozu.io/hc/ja

 

そして、チュートリアル

 

まあ、簡略するとjavascriptを使うときには自分で作ったファイルをアップロードするかJSEdit for kintoneを利用するようだ。

「JSEdit for kintone」はJSEdit for kintoneを使ってみようコーナーからダウンロードしてプラグインとして読み込む。

 

その後、個別のアプリで「アプリの設定」>「プラグイン」から「JSEdit for kintone」プラグインを追加する。

追加したプラグインの設定欄の歯車からコード作成画面を開くことが可能

 

覚えたてのhogehogeコード

詳細を開いたときに処理を行う

※「https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/360000903686」を参照

 

一覧を表示したときに処理を行う

※「https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/360000903686」を参照

 

イベントはまとめて書くとよいみたいなので

って感じで詳細のときと追加の時の処理になる。

 

↓イベント。チュートリアルサイトより。

 

よくある「その他」の選択肢を選ぶと理由を書く場合(選択肢(input_select)、理由ボックス(input_select_other)とした場合

こんな感じでその他の選択肢が表示非表示となる。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ